皆様、こんばんは。
今週は天気が悪そうです。。 週末は晴れるとイイですね!!

 

最近よく目にする、あまちゃん、がイマイチ何の事か? わからずにいます。
あまちゃん = 考えが甘い人 ??

 

さて、本日ご紹介いたしますのは、ハンドルバー交換です。
モデルは、2004年式のツインカム88、ダイナ・ローライダーです。
新車当時からすれば、2003年9月に新車発表されているので、すでに約10年経過しております。。

 

自分の服を着替える感覚で、バイクもスタイリングだけではなく、
自分のポジションにあったものへ変更しましょう、ということでハンドル&グリップ交換のご依頼です。
ハンドル 1~2回交換された方もいれば、自宅に15~16本くらいハンドルをストックされている方もいます。

 

さて、ハンドル交換なんて、すぐすぐ~と思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが・・、
たかがハンドル交換、されどハンドル交換。。 ここで、何かしらの異変に気づいてしまうのであります。。

 

何か別の違和感、時々感じるヤツです。 レントゲンで内部を撮ることができれば一目瞭然だと思いますが、
バイクではそんな事はできませんので、腕の感覚が重要になってきます。 研ぎ澄まされた触覚が重要です。

さらに、耳を澄ませば・・、何かしら・・かすかな異音も聞こえてきます。
お客様はその音をご認識されていたようですが、その他にもハンドリングの回転に若干スムーズさが無く、
少なくとも不具合箇所が2箇所以上あると思われ。。

 

ハンドル交換する前に、お客様の追加修理のゴーサインが出ましたので、
気になるところをバラシテいきます。 ハンドル交換は、とりあえず後回し。。
だって、この約10日後にV〇B〇S meetingに行かれるんですもの、長距離かける前に直しておかないと。。

 

案の定・・、まず悪さをしていたのはコレラです。。(菌じゃないよ~。)
ベアリング腐食、レース磨耗によるハンドリング不良。 ひどくなると、破壊してしまうこともあり危険です。。
 

 

ベアリングやベアリングレース等、新品部品に打ち替えて生きます。

 

バラシと組付けは、ハーレー専用の特殊工具を使い 確実に行います。
叩きコジッて取ったり、無理やり叩き入れたりするのは、まるで虐待・・・なので、それはNG。 壊すな!
圧入しろ~、 やさし~く、スムーズにだ。 ハーレー専門でやってる所とそうでない所の違いがあります。

 

こちらは磨いてからの新品部品の組付け。
輝きを取り戻し、ん~惚れ惚れするなぁぁぁ。

 

端っこが若干歪んでいたコレラも新品に。
滅多にバラスことも無いところなので、この10年を境にリフレッシュしていきます。

 

然るべき所に、然るべきように、然るべきグリースを入れることが、長寿命につながります。
昔ながらのアナログ方式で、手の平と指をうまく使ってグリースを充填していきます。
 

 

 

ん~スムージー。 de  気持ちがイイね!

 

 

診断8割、修理2割、的な。。

 

続く。。

 

 

※バイクの冬期保管を始めます!! 受付を開始しています!! 詳しくは当店まで!!

★ツーリング情報★ ←コチラをクリック!

★中古車情報★ ←コチラをクリック!

 

 

↓ ハーレーブログ満載
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

北海道函館市発! ハーレーダビッドソン・スペシャルテイストア 「XL’s ONLY」
===================================
XL’s ONLY (エックスエルズ オンリー)
飯島商会

〒041-0824
北海道函館西桔梗町589-7

Tel : 0138-83-1822
携帯: 090-2074-0529

代表: 飯島 智礼

e-mail : xlsonly1@gmail.com
homepage: http://www.xls-only.com/
通販サイト: http://xlsonly.cart.fc2.com/
===================================