先日の「キ・ケ・ン・な、ブレーキホース。。。」 に引き続き、 今日はその続編 「セーフティな、ブレーキホース。」

前回の写真をおさらいしましょう。 取り廻しがキツイよ~。

挟まっちゃうよ~。 苦しいよ~!!

そこで、新たに新しいブレーキホースへ交換することも検討したのだが、
どうしても、このブレーキT を生かしたい。 別に悪い所なさそうだし、もったいない。

取り廻しを変える前に、まずはブレーキフルードを抜いてしまおう。
ブレーキオイルの入れ替えもする予定だったので。

フロントマスターはグリメカ製。トップカバーを外します。

次にガスケットを外すと、ブレーキフルードが入ってます。

ブレーキフルードをキャリパー側から抜いていき、

マスターシリンダーの中は、完全にドライにしました。

ハイ、問題児。 ホースを ブレーキT から外していきます。

こんなに長かったんですね・・。ホースは綺麗で亀裂もなく、大丈夫のようです。

こんな取り廻しにしてみたけど・・。右にハンドル切ったらダメでしょ。。

パッドロックのフレームには噛まなくなったけど、右にハンドル切ると突っ張りますね。

ちょっとここでコーヒーブレイク。ついでに下の画像をクリックしてちょ。
↓ ハーレーブログ満載
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

さて、昔、ショベル時代のカスタム車のブレーキホースの取付け方って、こんな感じについてたよ。

ハンドルを左に切っても大丈夫。

右に切っても大丈夫。

横から見るとこんな感じ。意外と気にならない。

前から見るとこんな感じ。あとで、少し束ねればいいかな~。
ホース内の液圧を確実に送る為には、スムーズなラインが大切です!!

ブレーキホースは重要保安部品です。
見た目も大事ですが、ホースのライン取りにも気を付けましょう。

万が一、ブレーキが効かなくなったら一大事ですので。。。 

この車両、あとはフロントキャリパーをばらしてみて、清掃して、ピストンを点検して、
パッドの点検整備と、必要な個所のグリスアップして組付けたら、ブレーキフルードの注入、
そしてエア抜き、効き具合、漏れ確認で、フロントブレーキ周りは点検整備済、ってな感じ~。

↓ ハーレーブログ満載
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

北海道函館市発! ハーレーダビッドソン・スポーツスター・スペシャルテイストア 「XL’s ONLY」
===================================
XL’s ONLY (エックスエルズ オンリー)
飯島商会

〒041-0834
北海道函館市東山町20―20

Tel : 0138-83-1822
携帯: 090-2074-0529

代表: 飯島 智礼

e-mail : xlsonly1@gmail.com

homepage: http://www.xls-only.com/

ameba-blog:http://ameblo.jp/xls-only/

===================================