こんばんは。 今日も湾岸ミッドナイトになってしまいました。
朝にブログを見てくれている方、おはようございます。

 

古いバイクというものは、手をかける度に何かしらのトラブルに出会います。

ココを治すつもりだったのに、連動するアチラの異常も見つかり・・、
アチラを直さないと、ココは正常には動きません・・・。 そういうモノです。

古くから残っているオイルを押し出してみると、漏れてはいけないところから ピューっと漏れたり。。
 

旧車は、オーナー様がある程度 理解されているから、うまく付き合っていけるのでしょう。
ただでさえ壊れやすい古いバイクを、更に 恐ろしく乗りずらくしていくんですから。。

しかし、誰でも乗りこなすことができない代物、 ショベルで「キックオンリー&スーサイド&ジョッキーシフト」 を
涼しい顔してエンジンを掛け、難なく完璧に乗りこなしているのを見ると、そこに男のロマンを感じるのであります。

(※注意)
高年式のハーレーは、すごい乗りやすくなっているので心配ご無用です。 セル一発始動です!
誰でも乗れますので、皆さんも 楽しくハーレーに乗りましょう!! 女性でも楽に乗れます!!!
「免許を取って 初めて乗るバイクが ハーレー」 も、最近では珍しくありません。

 

N氏の スポーツスター883ハガー。 

N氏のパパサンは・・、
10年以上前のハーレーですが、今まで大きなトラブルもなく、普通に乗れているようです。
20年くらい前のハーレーなら、トラブルが出てきておかしくないですが、まだ現役と思います。
30年前というと、初期エボになる頃なんですね。 それよりも前が、ショベルということです。
更に前がパンで、その前がナックル、それ以前にサイドバルブ、そしてオホッツバルブ・・、・・、缶。。

 

この業界を牽引されてきた先人者の方々やハーレーオーナーに、この場を借りて 感謝したいと思います。

 

僕が高額のローンと共にハーレーに乗り出した1996年は、もう既にショベルは雑誌などで旧車扱いされていました。
その頃、友達が乗っていた1982年型 ショベルは、当時の新車からすれば14年前の車両で よく壊れた。
今から14年前というと、初代ツインカムの頃なので、今や全てのエボは旧車扱い?! かな??

 

時代の流れは速いですね~。

 

 

第7回 XL’s ツーリングの情報 は、⇒ コチラをクリック!!

 

 

 

↓ ハーレーブログ満載
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

北海道函館市発! ハーレーダビッドソン・スペシャルテイストア 「XL’s ONLY」
===================================
XL’s ONLY (エックスエルズ オンリー)
飯島商会

〒041-0834
北海道函館市東山町20―20

Tel : 0138-83-1822
携帯: 090-2074-0529

代表: 飯島 智礼

e-mail : xlsonly1@gmail.com
homepage: http://www.xls-only.com/
通販サイト: http://xlsonly.cart.fc2.com/
===================================