皆様こんばんは。
今夜はいかがお過ごしでしょうか?

本日は、ハーレー純正メーターの移設のお話です。

以前のブログにも、電気式の純正メーター(ある年式から~)の特殊な機能について触れておりましたので、
当店のお客様には、純正メーターを移設される方が多いです。 機能的なモノの他に信頼性もありますしね。

ちなみに、社外品のミニメーターが悪いと言っているわけではございません。
「やっぱりカスタムするなら、より小さくシンプルにしたい。」 という方には、ミニメーターでもイイと思います。

今日のブログでは、昨日までのブログで紹介している K氏の’02年式 XL1200S スポーツスター・スポーツ、
ライト・カスタムのメニューの中に、メーターの移設も承りましたので、ご紹介したいと思います。

 

1200Sの純正メーターには、スピードメーターとタコメーターの2つが付いています。
他のXLモデルは、主にスピードメーターのみが多いのですが、ハンドルバークランプの上部または
下部に、デデ~ンと居座っています。 これをフロントから見た時の存在感、気になる人には気になります。
 

 

メーターを取り外すとこんな感じに。 ヘッドライトバイザー上部がスッキリ見えて、ローライダーっぽくなります。
 

 

メーターがソコにあったおかげで、日常的に磨けなかったところは、このタイミングで綺麗にしてあげましょう。

 

取り外したメーターは、バーチカルに取り付けるので、切って削ってチョット加工して縦目にします。
今回、オーナー様がチョイスした取付位置は、フレームダウンチューブのところ。 いかがでしょう?
 

 

ちなみに、ワタクシの1200Sは、フレームダウンチューブにオイルクーラーが取り付けられている為、
スピード&タコメーターは、下記のように取り付けてあります。
 

 

こちらは、G様の883、スピードメーターの移設(例)です。
~’03以前の年式の、移設方法の一例です。

 

そして、こちらはK様の1200(写真:左上)と、M様の1200(写真:右上)、A様の883(写真:左下)
のメーター移設(例)です。 すべて ’04以降~の年式の、移設方法の一例です。
 

メーターを移設された車両については、ハンドル上部がとてもスッキリされておりますので、
ハンドルバー交換時に、バー自体のラインがハッキリするので、それぞれのハンドルバーの個性が光ります。

 

 

さて、K様の1200Sですが、 純正メーター移設の次は何でしょう? 
まだ続きます!  お楽しみに~!!

 

 

今日はこの辺で~。

 

 

★中古車情報★ ←コチラをクリック!

 

 

↓ ハーレーブログ満載
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

北海道函館市発! ハーレーダビッドソン・スペシャルテイストア 「XL’s ONLY」
===================================
XL’s ONLY (エックスエルズ オンリー)
飯島商会

〒041-0834
北海道函館市東山町20―20

Tel : 0138-83-1822
携帯: 090-2074-0529

代表: 飯島 智礼

e-mail : xlsonly1@gmail.com
homepage: http://www.xls-only.com/
通販サイト: http://xlsonly.cart.fc2.com/
===================================