皆様、こんばんは。
曇り、霧雨、暑くない、今夜。 いかがお過ごしでしょうか?

さて今日は、昨日に引き続き・・というわけでもないのですが、
’04以降~のラバーマウントフレームのスポーツスターの点検整備(例)をご紹介したいと思います。

 

24ヶ月点検整備(例)で、整備内容的には基本的に車検整備と変わりません。
運輸支局で検査を受けるか受けないか、の違いだけですかね。
なので、ほとんど昨日のブログネタと同じなんですが・・、忙しい方はスルーしちゃってください。

なんと、こちらも保管状態は非常に良く、程度極上の代物でございました。
外観はとても綺麗ですが走行は約26,500㎞と、北海道の車両としては距離はそこそこ走っているようです。
今回、函館への帰省時に合わせて、当店にて点検整備をさせていただきました。 有難う御座いました。

 

今回ご依頼いただきましたT様の883Rですが、2005年式のキャブ車になります。
伝統のXRダートトラック・レーサーを彷彿させるカラーリング、タンクグラフィックには惚れ惚れしますね。
 

 

オイル交換では、お客様ご指定のスクリーミンイーグルSYN3、
エンジン、トランスともに入れさせていただきました。 100%化学合成オイルは、肝心な油膜管理もしっかり。
真夏の暑い時期は熱気ムンムンムラムラ・・、信号待ちもツラくなります。 空冷エンジンのハーレーにとって、
この暑さがツラい時期でもあります。 鉱物油で熱ダレしちゃったH-Dは、早めにオイル交換しましょう。
 

 

クラッチ摺動部の洗浄と給油、ワイヤーの給油、クラッチ調整など、
基本的に、昨日のブログと同工程なのですが・・、時間のある方はもう少々、お付き合いください。
  

 

基本的に、昨日のブログと同工程なのですが・・、時間のある方はもう少々、お付き合いください。
 

 

磨いて使えるプラグと、磨いちゃいけないプラグがございます。
そういう高性能プラグは、ダメになったら交換します。
 

 

ここに来て、リヤ側のアクスルシャフトの腐食が、車体外観に反して進んでおり・・、年式・走行距離相応。
ベアリングは大丈夫か?! と心配されましたが、ガタも無くスムーズにグリングリンに回っておりました。
腐食は除去してグリスアップにて取付け。 その他、ブレーキディスクやベルトスプロケットも点検します。
  
  

 

毎度しつこいようですが、ブレーキ周りの分解・点検・清掃・グリスアップ、からの組付けです。
定期的にちゃんと整備してある車両は、非常に良い状態を保っておられます。 この維持をお手伝い。
 
 

 

’04~以降年式では、ラバーマウント化された他、ブレーキ周りが~’03以前のモノから変更されておりますが、
ブレーキフルードは、この年式ではまだDOT5指定は変更アリマセンでしたので、間違わないよう注意します。
今回も劣化したブレーキフルードを新品に交換いたします。色の違い、わかりますよね? エア抜きも忘れずに。
  

 

リヤ周りの点検では、リヤフォーク(スイングアーム)のガタ点検から始まり、2次ドライブベルトの点検、
リヤホイール・アライメントを取っての組付け、ベルトの張りの調整を行います。 モデル毎に調整値が違います。 リヤ周りシャシー全体を点検しましたら、正規のトルクで締め付けます。
このトルク管理、ベアリングのエンドプレイ、軸方向の遊び(ガタ、クリアランス)に影響します。
 
 

 

吸気系統の点検では、エアクリーナーの汚れが大変目立ちました。吸入効率が非常に悪そうです。
新品のエアクリーナーで、本来の性能に戻してあげましょう。 しっかりと走りで応えてくれるはずです。
  
  

 

燃料コック、エンリッチナーチョークは、双方とも大変スムーズでございました。
スロットル・コントロールもスムーズでありましたが、それでもケーブル給油はしっかりと行っておきます。
  

 

ブログもここまでくると、少々疲れてきますね。
フロント周りの点検に移ります。 タイヤの点検から始まり~の・・・。
基本的に、昨日のブログと同工程なのですが・・、時間のある方はもう少々、お付き合いください。
  

 

アクスルシャフト、ホイールベアリング周り、緩みなどの取付け状態をチェックしていきます。
  

 

フロント、ステアリングヘッド・ベアリング周りも点検します。

 

リヤブレーキ同様、フロントブレーキも。
ピストンの動きが大変スムーディ勝山でございました。。
 

 

トルク管理、トルク管理。 そんな僕は管理人さん。
ブレーキキャリパーとアクスルナットの締付トルク値は、もちろん同じではないですよ・・。
 

 

フロントのブレーキオイルは、まだ状態良さそうでしたが(変色していない)、
オーナーご本人様からご依頼がありましたので、新品のブレーキフルードに交換しました。
 

 

ひと通りの点検整備を終えたら、洗車しながら各々の最終チェックを行います。
あそこは見たかな? ココは大丈夫だったかな? と確認作業を続けます。
何も考えず、ただ洗って拭きあげ、「カッコイイ、ピカピカになった!」と満足しているだけではございません。

 

こんな感じの24ヶ月点検整備ですが、バイクが「とてもリフレッシュされた」感じがしませんか?

 

 

修理代をその都度支払うより、定期的にその対策・予防をしておいた方が、結果 お得だと思います。

それより、乗れる期間の短い北海道で、乗りたい時期に急な故障で乗れなくなるのは、もっと嫌ですよね。

 

 

2005年式  XL883R

 

 

8年前の車両で、ハーレーとしてはまだまだ高年式!!

 

以上、24ヶ月点検整備(例)、’04~以降(ラバーマウント)スポーツスター編 でした!

 

 

 

第8回 XL’s ツーリング (ダイジェスト版)
「ニセコ~京極町、羊蹄山周遊ルート」

 

第9回 XL’s ツーリング (ダイジェスト版)
「日本海~瀬棚、海の幸ルート」

 

★ツーリング情報★ ←コチラをクリック!

★中古車情報★ ←コチラをクリック!

 

 

↓ ハーレーブログ満載
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

北海道函館市発! ハーレーダビッドソン・スペシャルテイストア 「XL’s ONLY」
===================================
XL’s ONLY (エックスエルズ オンリー)
飯島商会

〒041-0834
北海道函館市東山町20―20

Tel : 0138-83-1822
携帯: 090-2074-0529

代表: 飯島 智礼

e-mail : xlsonly1@gmail.com
homepage: http://www.xls-only.com/
通販サイト: http://xlsonly.cart.fc2.com/
===================================