カテゴリー : ブログ

中古のスポーツスター

ハーレーダビッドソン・スポーツスターの中古車の入荷は、
今度の日曜日、4/24予定とのこと。

楽しみで仕方がない。 自分のものにしたいぐらいだ。

でも、手直しする箇所がかなりあるとの事。
走る、曲がる、止まる、は基本中の基本。
その次は、外装をどう仕上げていくか?

到着までもうすぐ!!

こうご期待!!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ハーレーにはハーレーの整備を。

こんにちは。代表の飯島です。

ハーレーの中古車がかなり出回っている今の時代。

そんな中、点検/車検/中古車整備をやっていて感じることがある。

ハーレーダビッドソンを知らないで「整備?」しているバイク屋さんっていると思うんですよ。

ハーレーにはハーレーなりの整備の仕方があり、調整方法がある。

お客様 : 「バイク屋さんに整備に出したのに・・・、バイク屋さんから買ったのに・・・。」 

それは、ハーレーダビッドソン専門店ですか?


(写真はイメージです)

例を挙げると、

・正しいエンジン始動方法

・正しいエンリッチナーチョークの使い方

・正しいスロットル/アイドルケーブル(アクセルケーブル)の調整方法。

・正しいクラッチの調整方法

・正しいプライマリーチェーンの張り具合

・正しいドライブベルトの張り具合(リヤをローダウンしたら必ず再調整)

等々、いろいろ挙げたら書ききれない。 

ひどいになると、調整方法はおろか取付方法さえ間違っている。 「これじゃ、まともに機能しないですよ。。」

ハーレーには、ハーレー専門の整備知識が必要。 他のオートバイとは全く違う。

それは、見た目を綺麗にした高い中古車を買うときも、見た目は汚いけど安く購入できる中古車を買うときも、条件は一緒。

ハーレーを楽しみたいのであれば、ちゃんと整備できるところにお願いしましょう。

国産オートバイメーカーのメカニックである友人が言った言葉。

「ハーレーの整備は面倒くさい。やりずらくて整備にも時間かかるし、独特な構造で特殊な工具いるし、

わからないところ多くて調べるだけでも時間かかるから、できればやりたくないね。」 だそうです。

国産オートバイとハーレーダビッドソンンの整備方法、点検方法、調整方法は全く違います!

ハーレーを知らないショップで適当な整備をすると、「エンジンがすぐ止まる」 「バイクを壊す」原因になります。

「まともに走らない」ことを理由にハーレーを降りる人もいますが、ちゃんと整備していれば問題なく走ります。

当店は、スポーツスターを中心にお取扱う「ハーレーダビッドソン専門店」です。

===================================
XL’s ONLY (エックスエルズ オンリー)
飯島商会

〒041-0834
北海道函館市東山町20―20

Tel  : 0138-83-1822
携帯: 090-2074-0529

代表:   飯島 智礼

e-mail : xlsonly1@gmail.com

ブログ: http://ameblo.jp/xls-only/

===================================

カリフォルニア仕様

車検でご入庫いただいたスポーツスター。

不具合箇所の交換部品をそろえ、必要な点検&交換作業が終了し、明日は車検です。

並行輸入ものの、カリフォルニア州仕様。

日本車と違うのは・・・、

ヘッドライト、昔ながらのシールドビーム!!  イイね!

エアクリーナから、エバポレーター なるものもついている。

もちろん、スピードメーターの表示もマイル。

車検終了後に、ちょっとした作業して完了です。

もう少々お待ちください!! でも、明日中にすべて仕上げます!!

ハーレー・スポーツスターの車検でお悩みの方、是非、仕事が確実な当店にお任せください。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

PS. アメブロもチェックしてね。

TOP

エックスエルズ・オンリー


バイク、部品、修理、車検、カスタム、保険、保管、承ります。   X L 系モデルを初めとしたハーレーダビッドソン全般をオールラウンドに対応させていただきます。